【ポケモンORAS/GSダブル】ゲンシグラードンゼルネアス重力トリパ

2016/08/27(土)
pokemon_6.jpg

今回のポケモン構築紹介は、WCS2016(VGC2016)ルールにもなったGSダブルのパーティです。
「じゅうりょく」下でゲンシグラードンの「だんがいのつるぎ」を撃ちたいだけのパーティです。

↓ポケモンORAS構築記事
【ポケモンORAS/GSダブル】ゲンシカイオーガメガレックウザ追い風パ
スポンサーリンク
ポケモン技1技2技3技4持ち物特性
ゲンシグラードンまもるだんがいのつるぎオーバーヒートドラゴンクローべにいろのたまおわりのだいち
ゼルネアスまもるジオコントロールムーンフォースマジカルシャインパワフルハーブフェアリーオーラ
ボーマンダまもるすてみタックルりゅうせいぐんだいもんじボーマンダナイトいかく
ガルーラまもるすてみタックルふいうちねこだましガルーラナイトきもったま
クレセリアトリックルームてだすけじゅうりょくれいとうビームメンタルハーブふゆう
ナットレイまもるパワーウィップジャイロボールアイアンヘッドラムのみてつのトゲ

ゲンシグラードンゲンシグラードン
性格:ゆうかん
実数値:H207-A247-B180-C170-D118-S85
努力値:H252-A196-D60
※S0個体

H 全振り
D 実数値C202(補正無C252振り)ゲンシグラードンの「だいちのちから」耐え
S 最遅
A 余り


思考停止で「じゅうりょく」下で「だんがいのつるぎ」を撃ちたいだけのポケモン。
「だんがいのつるぎ」は命中率が安定せず外すことも多かったことから、
基本的には「じゅうりょく」下で運用することを心掛けます。
「ドラゴンクロー」は主にメガレックウザを想定していたのですが、
ファイアロー、ホウオウがやや辛かったので「いわなだれ」のほうが使いやすいと思います。

ゼルネアスゼルネアス
性格:おくびょう
実数値:H201-A*-B121-C178-D118-S166
努力値:B44-C212-S252

B 実数値A232(補正無A252振り)メガレックウザの「いのちのたま」持ち「ガリョウテンセイ」耐え
S 最速
C 余り


説明不要の「ジオコントロール」アタッカー。
「ジオコントロール」は阻止されやすいので「まもる」や交代させて大事に使います。

ボーマンダ(メガボーマンダ)ボーマンダ(メガボーマンダ)
性格:むじゃき
実数値:H170-A182-B100-C136-D90-S167
実数値(メガ):H170-A192-B150-C146-D99-S189
努力値:A212-C44-S252

C 実数値H157-D116(補正無H252D4振り)メガクチートを「てだすけ」or「ひざしがつよい」状態の「だいもんじ」で確定1発
S 最速
A 余り


ポケモンORASの良心。
「すてみタックル」でモロバレルやクレセリアの「てだすけ」と組み合わせて等倍以上の相手を削ったり、
「りゅうせいぐん」でメガレックウザを縛ったりします。

115-m.pngガルーラ(メガガルーラ)
性格:ようき
実数値:H181-A147-B100-C*-D100-S156
実数値(メガ):H181-A177-B120-C*-D120-S167
努力値:H4-A252-S252

AS 全振り
H 余り


ポケモン第6世代の悪意。
「まもる」は不毛なミラーでの「ねこだまし」合戦の回避以外にも、
集中攻撃を避けるなど色々使えます。

また、「けたぐり」が欲しい場面が何度かあったものの、
どの技の使用率も高かったので悩みどころです。

クレセリアクレセリア
性格:なまいき
実数値:H227-A*-B156-C95-D183-S81
努力値:H252-B124-D132
※S0個体

H 全振り
B 実数値A232(補正無A252振り)メガレックウザの「いのちのたま」持ち「ガリョウテンセイ」+「しんそく」耐え
S 最遅
D 余り


「トリックルーム」「じゅうりょく」要員。
ゲンシグラードンの隣において「トリックルーム」→「じゅうりょく」→「てだすけ」を決めます。

ただ、パーティ全体に言えることですが「トリックルーム」下だとモロバレルが辛すぎるので、
場合によっては「トリックルーム」を発動しないこともあります。

ナットレイナットレイ
性格:ゆうかん
実数値:H181-A160-B151-C*-D137-S22
努力値:H252-A252-D4
※S0個体

HA 全振り
D 余り


相性補完ポケモン。
単純にゲンシカイオーガ、メガレックウザ、ゼルネアスあたりに強そうだったので採用しました。

ちなみに、「アイアンヘッド」はモロバレル、メガクチートなどへの安定したダメージソースとして採用したのですが、
ほとんど使用しなかったのでこの枠は「やどりぎのタネ」が無難なのではないでしょうか。

選出パターン例
ゼルネアス115-m.png+ゲンシグラードンクレセリア
クレセリアボーマンダ(メガボーマンダ)or115-m.png+ゲンシグラードンゼルネアスorナットレイ



あまりポケモンORASのGSダブルに慣れていなかった頃に作ったパーティなので、粗削りな部分もあります。
ポケモンWCS2016(VGC2016)のマスターカテゴリでは、
このゲンシグラードン、ゼルネアス入りのパーティよりもゲンシカイオーガ入りのパーティが多く入賞していました。
ポケモンそのものがメタゲームなのですが、ポケモンWCS2016(VGC2016)では特にそれが顕著だったように思います。
スポンサーリンク
Twitter
この記事を共有する
オススメ記事

タグ: ポケモン 3DS ポケモンORAS ダブルバトル

コメントを投稿する
コメント:
 

※「http://」を含むURLの投稿は出来ません。

プライバシーポリシー

Copyright © コンシューマゲームファン All rights reserved.
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ