【ポケモンSM/アローラダブル】コータスドレディア偽装トリパ

2017/01/03(火)
pokemon_9.jpg

今回のポケモン構築紹介は、WCS2017(VGC2017)ルールのアローラダブルです。
黎明期から注目されていたコータスドレディアと見せかけた純正トリパです。
スポンサーリンク
ポケモン技1技2技3技4持ち物特性
コータスコータスまもるふんかかえんほうしゃソーラービームもくたんひでり
ドレディアドレディアまもるおさきにどうぞねむりごなリーフストームきあいのタスキようりょくそ
ミミッキュミミッキュまもるトリックルームシャドークローじゃれつくメンタルハーブばけのかわ
シルヴァディシルヴァディだいばくはつすてみタックルかみくだくとんぼがえりこだわりハチマキARシステム
ハリテヤマハリテヤマワイドガードインファイトはたきおとすねこだましカクトウZあついしぼう
トリトドントリトドンめざめるパワー地面ねっとうれいとうビームヘドロばくだんとつげきチョッキよびみず

コータスコータス
性格:れいせい
実数値:H175-A*-B160-C150-D93-S22
努力値:H236-C252-D20
※S0個体

H 16n-1
C 全振り
D 余り


非伝説環境で「ひでり」「ふんか」を1匹で実現したポケモン。
基本的に「まもる」「ふんか」しか使用しないので残りは自由枠なのですが、
安定したダメージソースである「かえんほうしゃ」、みずタイプへの有効打である「ソーラービーム」を採用しています。

ただ、ほのお技が半減の相手でも「ふんか」安定になることが多いので、
特に「ソーラービーム」の使用率は低かったです。
そのため、この枠には「にほんばれ」なども候補に入るのではないかと思います。

ドレディアドレディア
性格:ひかえめ
実数値:H146-A*-B95-C178-D95-S142
努力値:H4-C252-S252

CS 全振り
H 余り


見せポケ。
コータスドレディアが刺さっていたら選出することもありますが、
実際に選出したのは20戦に1戦程度でした。

ミミッキュミミッキュ
性格:ゆうかん
実数値:H162-A156-B101-C*-D125-S90
努力値:H252-A252-B4
※S0個体

HA 全振り
B 余り


安定した「トリックルーム」要員。
「ばけのかわ」により高火力技で集中されない限りは倒されないので、
安定して「トリックルーム」を発動させることが出来ます。
ただ、最遅でもミミッキュの素早さは高いので、トリル下でも先手を取れることは少ないです。

シルヴァディシルヴァディ
性格:いじっぱり
実数値:H171-A161-B115-C*-D115-S147
努力値:H4-A252-S252

AS 全振り
H 余り


爆弾。
ミミッキュの相方で、こちらに矛先を向けさせることにより安全に「トリックルーム」を発動させることが出来ます。
そのため、初手「だいばくはつ」が決まることは少ないですが、
後続を無傷で降臨させることが目的なので、他の技を使用することはほとんどありません。

ハリテヤマハリテヤマ
性格:ゆうかん
実数値:H221-A189-B99-C*-D92-S49
努力値:H12-A252-B148-D96
※S0個体

HB 実数値A182(補正無A252振り)ガブリアスの「Zじしん」耐え
A 全振り
D 余り


トリルアタッカー。
「Zインファイト」を使用することにより、耐久を下げずに高火力を出せるようになったのが魅力で、
コータスの「ふんか」と合わせてゴリ押します。

元々は「フェイント」要員も兼ねていたのですが、
ほとんど使用しなかったので「ワイドガード」に変更しました。

トリトドントリトドン
性格:れいせい
実数値:H213-A*-B103-C148-D102-S39
努力値:H212-B116-C180
※めざめるパワー地面(すごいとっくんでH31-A偶数-B31-C31-D31-S0)個体

HB 実数値A182(補正無A252振り)ガブリアスの「Zじしん」耐え
C 余り


相性補完ポケモン。
「ひでり」で誤魔化しているみず技やでんき技の一貫性を無くすために採用しているのですが、
トリルアタッカーとしてもそこそこ優秀で、「れいとうビーム」でガブリアス、ボーマンダを倒したり、
ハリテヤマの苦手なフェアリータイプに「ヘドロばくだん」を撃ち込みます。

また、「めざめるパワー地面」は「だいちのちから」が使用出来ないのでしぶしぶ採用しましたが、
タイプ一致とはいえ威力60なので火力が足りていません。

選出パターン例
ミミッキュシルヴァディ+コータスハリテヤマorトリトドン
ミミッキュハリテヤマ+コータストリトドン
コータスドレディア+ミミッキュハリテヤマorトリトドン



ポケモンSM(サン・ムーン)環境になって初めて作った構築なのですが、
レートが上がって勝率が伸び悩んだので公開することにしました。
「フィールド変化の特性」に関してはそこまで苦しめられなかったものの、
「あめふらし」や「トリックルーム」を阻止されるとかなり辛かったです。
スポンサーリンク
Twitter
この記事を共有する
オススメ記事

タグ: ポケモン 3DS ポケモンSM(サン・ムーン) ポケモンWCS2017(VGC2017) ダブルバトル

コメントを投稿する
コメント:
 

※「http://」を含むURLの投稿は出来ません。

プライバシーポリシー

Copyright © コンシューマゲームファン All rights reserved.
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ