S+50を目指すためのガチエリアで勝つ方法&立ち回りまとめ【スプラトゥーン2攻略】

2017/12/30(土)
image_9130.jpg

スプラトゥーン2のS+50を目指すためのガチエリアで勝つ方法&立ち回りをまとめました。
スポンサーリンク

ガチエリアのルール


image_10073.jpg
image_10074.jpg

ガチエリアで勝率を上げる立ち回り


エリア管理をする


優勢時は、どうしても敵陣に踏み込んでリスキルしたくなりますが、
全員がエリアから離れてしまうと相手チームに逆転のチャンスを与えてしまうことになります。
常にエリア周辺にいるのではなく、いつでもエリアを防衛出来るような位置から敵の侵入を防ぐことが大切です。

画面上のイカ表示を確認して状況を知る


画面上のイカ表示では場にどれだけのイカが残っているのか、
スペシャルウェポンが貯まっているかを知ることが出来ます。

イカ表示を見て、2VS4などの数的不利状態ならば攻めるべきではないので、
安全な場所に移動して味方の復活を待つなどの立ち回りに繋げることが出来ます。


また、お互いに「インクアーマー」を持っているブキならば、
敵が使用した後にこちらも使用することが出来ますし、
打開にどんなスペシャルウェポンを使ってくるのかも一目瞭然です。
そのため、どのブキがどのスペシャルウェポンを持っているか覚えておくのは必要不可欠です。

倒されたらマップを見て次の行動を模索し、不用意なスーパージャンプは避ける


倒されたらキルカメラを見届けずに、マップを開いて塗り状況から敵の位置を確認しましょう。
もし味方が生き残っていればスーパージャンプをしても問題無いですが、
必ず自陣色に塗られている状態で、なるべく後ろにいる味方に飛ぶことが望ましいです。
そうしないと前線で潜伏している味方の居場所を知らせてしまうかも知れませんし、
自分が着地狩りをされてしまうリスクも高まります。

打開は、スペシャルウェポンを貯めて全員で足並みを揃える


相手チームにカウントリードをされていたとしても、1人で突っ込んで良い結果を得ることは出来ません。
全員でスペシャルウェポンを貯めて一気に放出すれば、
打開の道も開けるのではないかと思います。


もし焦って突っ込んでしまう味方がいたとすれば、
自分も突っ込まずに一歩引いて復活するのを待ちましょう。

逆転負けしそうな場合は、全力でエリアを確保する


こちらがカウントリードしているものの塗り状況が悪い場合に、
エリアだけは確保して相手チームにペナルティをつけましょう。

これは、終了30秒前など守り切れそうな残り時間で無いと意味が無いので、
時間に余裕がある時は、先述のようにカウントリードされても確実に敵の数を減らしていったほうが良いです。

あまりにも塗り性能が低い場合を除いてエリア周辺を制圧することが重要なので、
やはりいかにしてキルを取れるかが鍵になってくるのではないかと思います。


スプラトゥーン2攻略記事まとめでは、その他にも攻略情報を掲載しています。


出典:
https://twitter.com/splatoonjp

スポンサーリンク
Twitter
この記事を共有する
オススメ記事

タグ: 任天堂 Switch スプラトゥーン2

コメントを投稿する
コメント:
 

※「http://」を含むURLの投稿は出来ません。

プライバシーポリシー

Copyright © コンシューマゲームファン All rights reserved.
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ