みんなのポケモンスクランブルの問題点と今後について考える

2015/04/11(土)
image_1695.jpg


引用元:【公式】みんなのポケモンスクランブル PV - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=KfkypFOSiEc


みんなのポケモンスクランブルが3DSで本日から無料配信開始!ポケダイヤを3,000個購入すると貰える特典も!で紹介しましたが、
またしてもポケモンブランドで基本プレイ無料ゲームが配信されました。
今回は、みんなのポケモンスクランブルの問題点と今後について考えてみました。
スポンサーリンク
みんなのポケモンスクランブルはポケとると同じく、スタミナ制度のある基本プレイ無料ゲームです。
今回は、ポケとるの問題点と今後について考えるとの比較も含めて考えていきます。

みんなのポケモンスクランブルの問題点
まずは、みんなのポケモンスクランブルについて簡単に紹介します。
みんなのポケモンスクランブルのゲーム内容そのものはポケモンスクランブルシリーズとほぼ同じなのですが、
ゲーム内通貨であるポケダイヤを使用しなければゲームが進行しません。
ポケダイヤは、ポケとるのホウセキに該当するアイテム課金要素で、
少しだけゲーム内で入手出来ますが、基本的には納金して購入することになります。
ステージをプレイするために必要な気球などのアイテムの購入から、
スタミナのチャージなど様々な場面で使用します。

もう1つのゲーム内通貨にPというものもあるのですが、
こちらはポケとるのコインに該当するもので、ゲーム内で簡単に入手することが出来ます。
Pもアイテムの購入などに使用出来ますが、ポケダイヤでしか購入出来ないアイテムもあるため併用することになります。

ポケダイヤ50個:税込80円
ポケダイヤ100個:税込150円
ポケダイヤ200個:税込290円
ポケダイヤ500個:税込700円
ポケダイヤ1,000個:税込1,300円
ポケダイヤ1,750個:税込2,200円

ポケダイヤ50個(限定セール):税込60円
ポケダイヤ200個(限定セール):税込240円


みんなのポケモンスクランブルの最も特徴的なところは、
ポケダイヤを上限3,000個までしか購入出来ないということです。
現在の限定セール込みだと最安で税込3,800円を支払えば、これ以上納金する必要はありません。


ここまで、みんなのポケモンスクランブルのアイテム課金について紹介してきましたが、
最大税込4,800円どころか税込3,800円しか支払わなくても良いという親切設計にも思えてしまいます。
しかし、ポケダイヤを3,000個購入してもスタミナ制度が無くなるわけではありません。
みんなのポケモンスクランブルのスタミナ制度は、
ステージをプレイするために必要な気球を利用するための待ち時間です。
1回ステージをプレイすると、しばらく気球が利用出来なくなってしまうため、
リアルタイムで30分以上待つ必要があります。
ここで、ポケダイヤを消費すればすぐにステージをプレイすることが出来るのですが、
上限まで納金してもこのスタミナ制度は無くなりません。


ただ、ポケダイヤを3,000個購入した場合に限り、
ポケダイヤ堀り機で毎日ポケダイヤを20個入手出来るようになったり、
気球VIPカードを購入するとポケダイヤを1個消費するだけで、
すぐにステージをプレイ出来るようになるという救済措置があります。


また、ゲームシステムそのものの問題点としてルーレットでステージを決定するということがあります。
そのため、リアルタイムで30分以上待って気球を利用しても、
目的のステージに行けるとは限らないということです。
こちらも、ポケダイヤを2個消費すると使用出来る見切りの極意で狙ったステージに行けるようになります。
さらに、ポケダイヤを3,000個購入していると購入出来るようになる見切りVIPカードを使用すると、
ポケダイヤを1個消費するだけで見切りの極意を使用出来るようになります。


みんなのポケモンスクランブルの今後
みんなのポケモンスクランブルはポケとるとは違い、
アイテム課金要素であるポケダイヤを使用しないとゲームが進行しません。
無料の範囲内でもポケダイヤは入手出来るので、
スタミナ制度と合わせて少しずつならばゲームを進行させることが出来ます。
ただ、ポケとる以上に何度もステージをプレイして、
ポケモンを仲間にするというゲームなのでスタミナ制度とは相性が悪いのではないでしょうか。
それに加えて、ポケモンが必ず仲間になるわけではないのも問題でしょう。


アイテム課金の上限があるという制度そのものは、
売り切りのダウンロードソフトと考えれば悪いものではないのかも知れませんが、
それならば上限まで納金した時点でスタミナ制度は廃止して欲しいと思うところです。
まともにプレイしたかったらみんなのポケモンスクランブルには納金せず、
3DSで発売されているスーパーポケモンスクランブルを購入したほうが良いかも知れません。
スーパーポケモンスクランブルは3DSのパッケージソフトなので税込4,936円ですが、
アイテム課金もスタミナ制度も無いため快適にプレイ出来ます。


また、先に述べたように無料の範囲内でも少しだけポケダイヤは入手出来るのですが、
本当に少しずつなのでなかなか気球を購入することが出来ません。
そのため、毎日ポケダイヤを10個程度配信して欲しいと思うところです。

基本プレイ無料ゲームとしてはポケとるが親切設計に思えてしまうほど、
無料の範囲内ではプレイが制限されてしまう作品です。
そもそも、パズルゲームとアクションゲームではジャンルが全く違うため、
スタミナ制度との相性の悪さが顕著になってしまったのかも知れません。


Newニンテンドー3DS ホワイトNewニンテンドー3DS ホワイト
(2014/10/11)
Nintendo 3DS

Newニンテンドー3DS LL パールホワイトNewニンテンドー3DS LL パールホワイト
(2015/06/11)
Nintendo 3DS
スポンサーリンク
Twitter
この記事を共有する
オススメ記事

タグ: ポケモン 3DS みんなのポケモンスクランブル ダウンロード版 基本プレイ無料ゲーム 有料DLC

  1. 名もなきゲームファン 2015/04/23(木) 15:54
    djvhんwhふぃおwjrgfvdjひおhwdjfもいhどぉほwhれぢおfjぢおw










  2. 名もなきゲームファン 2015/04/23(木) 15:56





    は・・・・・・・







コメントを投稿する
コメント:
 

※「http://」を含むURLの投稿は出来ません。

プライバシーポリシー

Copyright © コンシューマゲームファン All rights reserved.
Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ